Best Buy.com

おすすめ商品・サービスを紹介します

「メアリと魔女の花」はパクリ?キキにもハウルにもポニョにも見える…

更新日:


出典:YouTube

7月7日、借り暮らしのアリエッティや思い出のマーニーを監督した米林宏昌氏の最新作「メアリと魔女の花」が全国366の映画館、458のスクリーンで公開されました!

出だしはなかなかの好調スタートで、「思い出のマーニー」公開時との観客動員数比は初日午後2時の時点で130%を記録、興行収入50億円は固いようです。

今回の作品はスタジオジブリではなく、スタジオポノックによるアニメーション映画なのですが、ジブリファンにとって内容は気になりますよね。

ここで、予告動画を見た方はあることに気付いたと思います。

そう、なんか「これまでのジブリ作品に似てない!?」という点です。

「メアリと魔女の花」は魔女の宅急便のパクリ?

今回パクリとして疑われているのは「魔女の宅急便」です。


出典:Kiki's Delivery Service Trailer / 魔女の宅急便 予告編

題名からして、魔女の宅急便のパクリじゃない?と思ってしまいますし、実際メアリと魔女の花のキャッチコピーは「魔女、ふたたび。」です。

本当のところは、どうなのかと言うと…

プロデューサーの西村氏は、「魔女の宅急便」といえる作品を作りたいと考えていたそうです。

そのため、雰囲気等は当然似ていてもおかしくありません。

ただし予告編を見て頂いて分かるように、魔女の宅急便にはない戦闘シーンがあるなど、内容は大きく違うことが分かります。

また、米林監督も「まったく異なる作品だ」と言っています。

魔女の宅急便は、主人公キキが最初からホウキで空を飛べる能力を持っており、様々な冒険を通じて成長していく様子が描かれています。

一方で、今作のメアリは何の取り柄もない女の子が「夜間飛行」という花と出会ったことで、空を飛ぶことができるようになり、そこから冒険を通じて成長していく内容になっています。

米林監督曰く、「メアリと魔女の花」は「魔女の宅急便」と逆の構造を持っており、今迄にない斬新な魔女の物語になっているとのこと。

本編を見る際は、このことを意識しながら見ても面白いかもしれませんね!


出典:カップヌードルCM 「HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇」 30秒

原作は「The Little Broomstick」

「メアリと魔女の花」の原作は、メアリー・スチュアートさんによって、1971年に発行された児童文学作品「The Little Broomstick」です。

こちらは英語バージョン。英語の勉強になりそうですね。

日本語訳にもなっています。

ちなみに原作は、魔女の宅急便やハリーポッターよりも古いので、これまでヒットしてきた魔法もの映画の原点になっているのかもしれませんね。

上映期間は9月中旬まで!

「メアリと魔女の花」の上映期間は、2017年9月中旬までを予定しています。

ただし、詳細な日程や配給場所は各都道府県の映画館によって違いますので、以下のページより確認してみてください。

東宝公式HP

ジブリ関連で言えば、最近「ジブリアニメで哲学する 世界の見方が変わるヒント」という本も2017年7月4日に発売されたので、ジブリファンの方は併せてチェックしておきましょう!







-注目ニュース・イベント
-, , , , , ,

Copyright© Best Buy.com , 2021 All Rights Reserved.