Best Buy.com

おすすめ商品・サービスを紹介します

【W04の評価・評判】実際に契約したので速度・使いやすさをレビューします!

更新日:

 

今回は、新たにゲットしたUQ WiMAXの最新モバイルルーター「W04」について、実際の通信速度や使いやすさ、wx03との違いは何かを解説していきます。

モバイルルーター選びで迷っている方の参考になったら幸いです。

W04の外観やサイズをチェック

 

W04のカラーラインナップはグリーンとホワイトの2色ですが、今回はホワイトのW04を購入しました!

 

まるで一昔前のガラケーを彷彿とさせるようなモバイルルーターですね。

 

ちなみに、業者は29,000円のキャッシュバックがもらえるDTIと契約。

 

本体価格は0円、初期費用は3,000円(税抜)でした。

 

 

背面はこんな感じ。うん、携帯みたいですね(笑)

 

 

iPhone SEとW04を並べてみました。W04の方が少し大きいです。

 

iPhone6やiPhone7などと比べると小ぶりな感じでしょうか。

 

これだけ小さければ、カバンの中に入れておいてもかさばりません。

 

 

厚さは、W04のほうが少し厚めです。

 

ちなみにW04の重さは140g。手で持つと少しズッシリきますね。

 

 

操作はスマホを持つときのように手で握り、画面タッチで行います。

 

本体サイズはあまり大きくないので、女性でも操作しやすいと思います。

 

GMOとくとくBBとDTIで速度比較をしてみた!

 

 

次は、通信速度について。

 

今回は私が所有する「GMOとくとくBBのHWD15」と「DTIのW04」で比較してみました。

 

計測場所はエリア判定で「〇」となっている自宅、計測時間は比較的混雑しやすい13時です。

 

DTIのW04の最大通信速度は5.92Mbps、GMOとくとくBBのHWD15の最大通信速度は4.83Mbpsで、若干DTIの方が上回っていますね。

 

通信速度5Mbpsは、ネットサーフィンを快適に行えるのはもちろん、YouTubeでHD画質の動画もスムーズに見られる速度なので及第点です。

W04のメリットは?

W04を実際に使ってみて感じたメリットは、以下の3つです。

 

①操作がしやすいサイズ、シンプルでおしゃれなデザイン
②auのLTE回線も使えるので、全国のほぼすべての場所で利用可能
③充電コネクタはtypeCが使われているので、上下関係なく差し込める

 

デザインや本体の大きさは、先程の外観レビューで述べた通りです。

 

2つ目の「auのLTE回線が使える」というメリットは、どこでもネットを使いたいという人にはかなり便利な機能です。

 

WiMAX2+の電波のみだと、エリアによっては圏外になったりスピードが猛烈に遅くなったりするんですよね。

 

そんな時は人口カバー率99%を誇るLTE回線に切り替えれば、スムーズに通信ができます。

 

ただし、LTE回線を利用すると1,005円のオプション料金がかかってしまうので、追加料金を払いたくない場合はWiMAX2+回線のみを利用する必要があります

 

 

3つめのメリットは、「typeCの充電コネクタが使われているので、上下の向きを関係なく差し込める」という点。

 

typeC型のコネクタが使われている製品は最近増えていますが、やはり向きを確認しないで差し込めるのは楽です。

W04とWX03はどっちがいいの?

 

W04はUQ WiMAXの最新機種ですが、前機種のWX03と比べるとどちらがいいのでしょうか?

簡単に両者の特徴とスペックをまとめてみます。

 

W04 WX03
サイズ 縦13cm 横5.3cm 奥行14.2cm 縦62横99 奥行13.2cm
重さ 約140g 約110g
通信速度 最大590Mbps 最大440Mbps
連続通信時間

(WiMAX2+回線利用時)

・ハイパフォーマンスモード:約390分

・ノーマルモード:約540分

・バッテリーセーブモード:約630分

・ハイパフォーマンスモード:約440分

・ノーマルモード:約600分

・エコモード:約740分

特徴 ・UQ WiMAX史上最大の通信速度

・持ちやすくおしゃれなデザイン

・auのLTE回線も使える

・W04と比べて、本体サイズが小さく軽い

・通信時間が長い

・LTE回線は使えない

 

W04は、UQ WiMAX史上最大の通信速度590Mbpsを誇るモバイルルーターで、LTE回線にも対応しているので全国の広い地域で通信が可能です。

 

ただし前機種のWX03と比べて、サイズ・重さともに若干増えているので、携帯性で言えばWX03に軍配が上がります

 

まあ、そうはいってもサイズは数cm、重量は30g重くなっただけなのでほとんど変わらないと言ってもいいでしょう。

 

通信時間に関しては、WX03の方がどのモードでも勝っています。

 

ただ、W04もノーマルモードにしておけば9時間連続で使用できるので、通信時間が減ったといっても使用時の支障はほとんど出ないレベルです。

 

もしW04とWX03どちらを購入すべきかと言われたら、私なら「通信速度が速く、LTE回線も使えるW04」をおすすめします。

W04を契約するならどこの業者がいいの?

 

WiMAXのモバイルルーターを提供している業者は多数ありますが、基本的に通信速度などの回線スペックは大差がないので、業者選びは以下の基準で選んだ方がいいでしょう。

 

・キャッシュバックの有無
・長期間利用した時の総支払額
・サポート対応

 

契約時はキャッシュバック額だけに注目してしまいがちですが、総支払額やサポート対応も重要な要素です。

 

キャッシュバック額がいくら大きくても、毎月支払う料金が高ければ、結局損をしてしまいますからね。また、サポート対応が悪い業者もやはり個人的には契約したくないです。

 

上記の基準でW04を契約するなら、おすすめの業者は以下の4つです。

 

WiMAXのおすすめ業者

GMOとくとくBB(31,000円のキャッシュバックがもらえる)
DTI(29,000円のキャッシュバックがもらえる)
BroadWiMAX(月額料金が最安値)
BIGLOBE(20,000円のキャッシュバックがもらえる、サポート対応◎)

 

モバイルルーターを契約する際の業者選びについては、当サイトの以下のページでも紹介しているので、参考にしてみてください。

 







-格安SIM/Wi-FI/光回線
-, , , , , , ,

Copyright© Best Buy.com , 2019 All Rights Reserved.